煙草が健康に与える影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

タバコにはさまざまな健康を害する物質が含まれているので、健康に大きな悪影響を与えます。そのため、タバコを吸っている方とそうでない方との間では、健康面で明らかな違いが生じます。

タバコを吸うとストレスを解消できるという方もいらっしゃいますが、タバコにはそれ以上に身体に大きなデメリットがあるのです。

この記事では、タバコが身体に与える影響について詳しく解説していきます。タバコによる健康被害を気にしている方は、この記事を参考にしてみてください。

さまざまな病気を発症するリスクが高まる

ガンを発症する

タバコといえば、肺がんのリスクを高めることが広く知られています。
タバコを吸うとどうして発がん率が高まるのかというと、タバコにはタールやジメチルニトロソアミン、ベンゾ(a)ピレンといった発がん性物質が含まれているからです。

このような物質を火であぶった煙を直接肺に入れるために、肺がんのリスクを高めてしまうのです。他にも、食道や口腔、咽頭、鼻腔、副鼻腔などのガンの発症率も高めます。
つまり、喫煙は発がん物質を体内に入れる動作なので、身体中のあらゆる場所でガン細胞の増殖を促してしまうのです。

タバコの煙にも発がん物質が含まれているので、タバコ葉に火をつけてあぶって吸う場合、その煙を吸った周りの方にもその影響を与えます。
その影響はタバコを直接吸った方と同様に、肺がんなどのリスクを高めます。発がんのリスクは喫煙者自身だけでなく周りの方も高めてしまうので、喫煙すると発がん物質をまき散らしてしまうことをしっかりと自覚することが大切です。

循環器の病気にもなりやすくなる

タバコはがん以外にも、心臓病や脳卒中など循環器系の病気の発症リスクも高めます。
例えば、タバコには一酸化炭素が含まれています。一酸化炭素の作用には、ヘモグロビンとくっつくことで酸素の運搬を妨害するというものがあります。
すると、通常よりも身体への酸素の供給量が減ってしまうので、それを補うために心臓や血管に対して負担をかけることになります。その結果、高血圧を引き起こしてしまうのです。
高血圧になると血管にかかる圧力が高まるので、血管が疲弊して柔軟性をなくしていきます。

血管の柔軟性を失うと、心臓への負担が増えるので心臓病になりやすくなるのです。
また、心臓や血管の機能低下の影響は脳や肺など全身に及びます。例えば、脳で出血する脳卒中や肺の血管が詰まる肺梗塞です。喫煙はこのようなガン以外の病気のリスクも高めるのです。

口腔内の病気もタバコが原因

タバコを吸っている方は、歯周病など口内の病気のリスクも高めるのです。
タバコと歯周病はあまりつながりがないように思います。しかし、血管を通してつながっているのです。タバコを吸うと血管に負担を与えて血行が悪くなります。

血液の役割は全身の細胞に酸素を供給するだけでなく、栄養を運搬する役割もあります。つまり、タバコによって血行が悪くなると、細胞が必要とする栄養が十分に届かなくなるのです。
すると、細胞は本来の働きができなくなります。その結果、歯ぐきの機能が低下すれば、歯ぐきが下がったり出血しやすくなったりするのです。
この状態を放置しておくと、歯周病になるのです。

免疫力が低下する

運動機能の低下を招く

タバコは血液の酸素の運搬能力を低下させます。すると、ちょっとした運動でも息切れを起こしやすくするのです。
身体の免疫力を維持するには、定期的な運動が欠かせません。しかし、タバコによって血中の酸素濃度が低くなることで、運動効率が著しく低下します。
十分な運動ができなくなると体力の低下以外にも、太りやすくなるので肥満によって免疫力が低下する場合もあるのです。

もちろん、身体に余分な脂肪が多量につくとそれによっても運動効率が悪くなったり運動自体が億劫になったりするので、運動から遠ざかって免疫力低下に拍車がかかります。

食欲の低下を引き起こす

タバコは味覚を鈍感にするので、食欲を低下させる要因になります。その結果、食欲が通常よりも沸きにくくなるので、免疫力の低下につながってしまうのです。
「タバコを止めると食事が今までより途端においしくなった」そんな声をよく聞きます。それは、タバコによって落ちていた味覚がもとに戻るからです。
舌には味蕾(みらい)という味を感じる部分があります。しかし、タバコによって血行が悪くなっているので、味蕾の細胞の機能が低下しています。その結果、十分に味を感じることができなくなるのです。

食材をおいしく感じないので、食欲が湧かず食事の量も落ちて身体が欲するだけの栄養を補給できなくなります。すると、免疫力が低下してしまう要因となってしまうのです。

禁煙すれば健康状態は非喫煙者レベルに近づける

喫煙をすることで着実に身体は壊れていきます。では、タバコによってダメージを受けた身体はもうもとに戻らないのかというと、そうではありません。

実は、タバコを止めると、約8時間で血中の酸素濃度が通常に戻り、2日止めると味覚が回復します。また、3ヶ月止めることで肺機能の30%が回復します。そして、10年止めることができれば、非喫煙者と同レベルまで健康状態を戻せるといわれているのです。

タバコを吸っているからもう遅いと諦めるのではなく、じっくり時間をかけて健康状態をもとに戻す努力をしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

自身の口コミ・評判・体験談を投稿

※有意義なコメントは掲載させて頂きます※

コメントを残す

*