ビーファット(vyfat)の口コミや評判!体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 薬名:ビーファット(vyfat)
  • 効果:痩せたい方のためのダイエット薬(肥満治療薬)でゼニカルのジェネリック
  • 副作用:頭痛、腹痛、腹部不快感、瀉下(下痢)、鼓腸(腸内ガスの増加)、油性便、脂肪便、水様便、低血糖など
  • 飲み方:脂肪分の多い食事をする際に水またはぬるま湯と一緒に、1回1錠、1日3回まで服用。

ビーファット(vyfat)を服用した方の口コミや評判や体験談をまとめますので是非参考にして下さい。

ビーファット(vyfat)の口コミ・評判や体験談

口コミ・評判や体験談

友達がゼニカルを使ってて良いって聞いたので、私はジェネリックで安いビーファットを使っています。効果は同等かはわかりませんが確かに体重が減ります。


毎回飲むわけではなく、脂っこいものを食べた時だけ飲みます。
トイレで目に見えて分かるので効果ありだと思います。
でも本当に油物が多い時はトイレ行く前に油だけ出て来るのでナプキン必須です。


脂分を吸収しないせいか、ちょっとおならをするだけでも油がでてきてしまうのでトイレに直ぐ行ける環境が無い人にはおススメできません。


色は不透明な青色のカプセル錠剤です。 中身は白い色したこな剤です。 食事中に服用すると食後に排便を催しますので直ぐにいけない人は、パットなどを着用した方がいいと思います。 先発薬と同じで多目の水分の補給をお勧めします。


気をつけてないとおならと一緒に脂が出るので油っぽい物をあまり食べなくなってしまいました。
なので薬のおかげなのか食生活の変化のせいなのか体重は減少しています。


純正品のゼニカルとどちらにするか迷いましたが1箱試してみて、こっちで良かったと思いました。効果も副作用もゼニカルと変わりないように感じます。


一錠だけでは特に何も変わりませんでした。
二錠飲んだ翌日はたしかに…汚い話ですがティッシュペーパーで拭いたら油が染みてきて驚きました。こってりした料理を食べた時に最適だと思います。


これだけの量の油を今まで体内に取り込んでいたんだと思うと…。私は下着の汚れ対策のため、ナプキンを常に使用するようにしています。運動する日の前日は服用を避ければ気にならずに済みますよ。


脂肪分をカットしている事が目に見えて解ります。
トイレが汚れるのでマメに掃除するようになり、いつもトイレがキレイです。


飲むときは一緒にビタミン剤も飲んでいたせいか肌荒れはなかったです。
気休めではなくちゃんと効果があるので嬉しいです。


※上記口コミ・評判は個人の感想や体験をまとめたものです。下記に副作用や注意点も記載しますが、医師の指示に従いましょう。

ビーファット(vyfat)の効果や特徴をもっと細かく

ビーファットはゼニカルのジェネリック医薬品で主成分はオルリスタットです。脂肪分を変化させて体内への吸収を助ける酵素リパーゼの働きを抑えます。

食品に含まれている脂肪分が腸に吸収されるのを、最大で30%減少させる効果があります。

吸収されなかった脂肪分は変化すること無く体内を通過し、大便となって体外へ出されます。

ビーファット(vyfat)の有効成分・含有量

  • 製薬会社:インタスファーマ
  • 有効成分:オルリスタット
  • 先発薬:ゼニカル
  • 効果:ダイエット・脂肪吸収抑制・肥満症
  • 含有量:120mg
  • 価格相場:約9000円~(30錠あたり)

ビーファット(vyfat)の入手方法

・各都道府県の美容外科・肥満外来・美容整形外科のクリニック

各都道府県病院検索サイトを見る

・個人輸入代行通販サイト

ダイエット薬ビーファット(vyfat)の通販サイトを見る

ビーファット(vyfat)の副作用をもっと細かく

主な副作用には油性直腸排出、おなら、油性または脂肪性便、排便回数の増加、軟便、ビタミン不足などがあげられます。

頭痛、腹痛、腹部不快感、瀉下(下痢)、鼓腸(腸内ガスの増加)、油性便、脂肪便、水様便、低血糖(2型糖尿病罹患者において)などの症状が現れる場合があります。

頻繁な便意、ガス(おなら)が頻繁に出る事も報告されています。

注意点として、自然とお尻から油が流れたり、おならをするときに油も出たりといったこともあるため、ゼニカル服用時には生理用ナプキンやティッシュなどをつけておくと、安心。

また、軽い運動と併せることにより、ビーファット使用開始からある脂肪についても効果的にダイエットをすることができます。

ビーファット(vyfat)の使用禁忌

飲み忘れに気付いた際は、食後1時間以内の場合に限り、思い出したときすぐに服用してください。

・オルリスタット対して過敏症の既往歴のある方

妊娠中・授乳中の女性は使用しないでください。

他のダイエット薬品と併用しないでください。

1日3回、合計3カプセルを上限としてそれ以上は服用しないでください。

腸や胆嚢に異常がある方は使用しないでください。

拒食症や摂食障害がある方は使用しないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

自身の口コミ・評判・体験談を投稿

※有意義なコメントは掲載させて頂きます※

コメントを残す

*