ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の口コミや評判!体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 薬名:ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)
  • 効果:カンジダ症や水虫などの原因となる真菌(カビの一種)の増殖を抑え、症状を鎮める働きがある医薬品。
  • 副作用:倦怠感や発熱、体のむくみ、頭痛やめまいなど
  • 飲み方:1日1回半錠~2錠を水などで服用。

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)を服用した方の口コミや評判や体験談をまとめますので是非参考にして下さい。

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の口コミ・評判や体験談

口コミ・評判や体験談

服用時に少し体がだるくなることもありますが、翌日には体がスッキリしていて症状も治まっています。 わたしの場合はカンジダで服用してますが、水虫にも有効なようなので男性にもぴったりです。


塗り薬や膣錠を使っていましたが効果がなく、カンジダに効くというサプリメントなどいろいろ試しましたがどれもほとんど効果はありませんでした。飲み薬で飲みやすいし効き目もありますね。


副作用かもしれないけど、濡れやすくはなると思います。今まで二度三度するのがしんどかったのが、平気になりました。


疲れが溜まってるときや生理のときにカンジダが出やすくなります。いつもなるべく早いうちにフォルカンを服用するようにしてますので、少しだけムズムズしますが、すぐに違和感はなくなっていきます。


疲れるとカンジダになりやすくて購入しましたが思いもよらない利点がありました。
疲れている時は濡れなかったけどこの薬を飲むと感度が増すので自然に濡れます。
カンジダ予防にもなるので同じ飲むならこの薬をリピートします。


副作用かはわかりませんが、体がむくんで太く見えます。


カンジダ症になって、市販の軟膏などを使っていたのですが、薬をきちっと守って服用していたら、完全に治りました!
市販の軟膏より効き目があるとおもいました!


市販のカンジダ軟膏や、膣剤を使いましたが、一時的なものでした。これはよく効きます。頭皮の痒みや、背中の繰り返す痒みも消えたので、こちらもカビが原因だったのかも?


膣内の分泌液を増やす効果があるので、濡れやすくなりますね。
夜感じやすくなると言う人もいますが、濡れる事で逆に女性にとって感じてると錯覚したり、滑りが良くなり感じやすくなるといったものでしょう。


体質的に疲れがたまってきたりすると抵抗力がなくなってきてなりやすくなります。前もって飲んでおいたりすると安心です。気になったのは用途として、病気を治すためじゃない使い方をしてる方もいるみたいですね。確かにそういう気持ちにもなりますよね


※上記口コミ・評判は個人の感想や体験をまとめたものです。下記に副作用や注意点も記載しますが、医師の指示に従いましょう。

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の効果や特徴をもっと細かく

有効成分フルコナゾールの働きによりカンジダ症の症状を引き起こす真菌(カンジダ菌)、水虫の原因になる真菌(白癬菌)に対して効果を発揮します。また、内臓性の真菌症の治療効果もあることが確認されています。

ダイフルカンのジェネリック医薬品であり、ダイフルカンと同様の成分、同様の効果を持ちつつも安価なのが魅力。

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の有効成分・含有量

  • 製薬会社:シプラ
  • 有効成分:フルコナゾール
  • 先発薬:ダイフルカン
  • 効果:カンジダ症・膣カンジダ・水虫・水痘
  • 含有量:150mg/200mg
  • 価格相場:約8000円~(10錠あたり)

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の入手方法

・各都道府県の婦人科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、性感染症内科(性病科)のクリニック

各都道府県病院検索サイトを見る

・個人輸入代行通販サイト

カンジダ症治療薬ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の通販サイトを見る

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の副作用をもっと細かく

倦怠感や発熱、体のむくみ、頭痛やめまいなどの副作用が報告されています。

副作用の頻度は少なく、比較的安全なお薬ではありますが、どの薬にもありがちな発熱や発疹などのアレルギー症状は十分可能性があります。

ダイフルカン・ジェネリック (diflucangeneric)の使用禁忌

トリアゾラム(睡眠薬)やエルゴタミン(片頭痛薬)などがあります。

他にも注意しなければならない薬が多くありますので、持病がある場合などは、事前に医師に相談してから服用しましょう。

妊娠中や授乳中の女性は服用することが出来ないので、妊娠・授乳中のカンジダ症の場合、産婦人科医に相談しましょう。

温度や湿度が高い、直射日光の当たる場所を避け、できるだけ涼しい場所で保管して下さい。

また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

自身の口コミ・評判・体験談を投稿

※有意義なコメントは掲載させて頂きます※

コメントを残す

*