ファシジン (fasigyn)の口コミや評判!体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファシジン (fasigyn)の口コミや評判!体験談まとめ

  • 薬名:ファシジン (fasigyn)
  • 効果:膣トリコモナスに利用される抗生物質でトリコモナス以外にも嫌気性菌による細菌性膣炎にも効果が期待できます。
  • 副作用:腹痛、下痢、嘔吐感、胸焼け、食欲不振、頭痛など
  • 飲み方:膣トリコモナス症治療の場合、1日1回4錠(2,000 mg)水やぬるま湯で服用。

ファシジン (fasigyn)を服用した方の口コミや評判や体験談をまとめますので是非参考にして下さい。

ファシジン (fasigyn)の口コミ・評判や体験談

口コミ・評判や体験談

変なおりものは治りましたが、もともとその他の症状はなかったので、すごく効いた!という実感は全くありません。でも、まぁ、おりものが普通に戻っただけでも十分かな?また同じような症状が出た時はファシジンに頼ります。


痛くないからって放置しても自然治癒はしないことを学びました。逆にファンジンを4錠だけ飲めば確実に治るので、いっとき面倒でも絶対に薬で治したほうがいいです!これは私が数ヶ月放置した後に薬飲んで実感したことです(笑)


膣がとてもかゆくなってクリニックに行ったらトリコモナスで、ハイジシンを処方されて治しました。
治ったのでよかったですが、病院へ行くまではかゆくてかゆくて大変だったし、内診は恥ずかしかったし、再発したらイヤ


強い薬とのことで副作用が心配でしたが、とくに問題なく使えてます。


2週間で完治しました。1回4錠服用するとのことですが、それだけで治ったのかどうか心配だったので1週間後に再び4錠服用しました。そしたら完璧に治ってました(検査済み)


痒くてまたらなかったのを、この薬を飲んでしばらくしたら落ち着きました。正直塗り薬は、患部に触れないといけないしその時のかゆみを紛らわせる程度で治療という感覚では使えなかったので、こうした体内から効いてくれる薬があってよかったです。


効果は申し分ありませんが、錠剤は大きいし、一気に4錠飲むのは意外と大変(笑)


ファシジンを飲んでる間お酒を飲めないのは辛かった。。


薬を飲んでもわずかに残った菌が増殖して再発することがあるので、ファシジンを自宅に置いています。


他の感染症とも結構似ているからちゃんと診断された後に飲んだ方が良いかもしれない。トリコモナスはカンジダとも似てるので。ファシジン飲んだら治るし副作用も私はありませんでした。


※上記口コミ・評判は個人の感想や体験をまとめたものです。下記に副作用や注意点も記載しますが、医師の指示に従いましょう。

ファシジン (fasigyn)の効果や特徴をもっと細かく

ファシジンは、膣トリコモナスに利用される抗生物質です。

膣トリコモナスは、肉眼では見分けることが出来ない原虫が、性器内に入り込み炎症を起こす病気です。

ファシジンは膣トリコモナス原虫を殺虫し、発育を抑える効果効能があります。

感染は、性行為によるものが主ですが、下着やタオル、便器などからも感染の可能性があります。

主成分がチニダゾールで、尿道及膣に寄生虫と呼ばれるトリコモナスが寄生して起こる病気を改善する為の薬です。

主に女性に起こる病気で、外陰部のかゆみや排尿が出づらくなるなどの症状がみられます。

ファシジン (fasigyn)の有効成分・含有量

  • 製薬会社:ファイザー
  • 有効成分:チニダゾール
  • 先発薬:–
  • 効果:膣トリコモナス・アメーバ赤痢
  • 含有量:500mg
  • 価格相場:約6500円~(100錠あたり)

の入手方ファシジン (fasigyn)法

・各都道府県の婦人科、産婦人科、泌尿器科、性感染症内科(性病科)のクリニック

各都道府県病院検索サイトを見る

・個人輸入代行通販サイト

膣トリコモナス治療薬ファシジン (fasigyn)の通販サイトを見る

ファシジン (fasigyn)の副作用をもっと細かく

副作用の少ないお薬ですが、痙攣を起こしやすい方は痙攣発作の誘発にご注意ください。

食欲不振や吐き気・口内の乾燥・頭痛が挙げられます。

いずれの症状も軽度とされていますが、症状が強く出た場合や長期的に症状が出ている場合には病院での診断を推奨致します。

ファシジン (fasigyn)の使用禁忌

服用してから3日間はアルコールの摂取を避けてください。(副作用が出る恐れがあるため)

チニダゾールでアレルギー症状がある、妊娠中、妊娠の可能性がある、乳幼児、脳・脊髄・血液に疾患がある方は服用できません。

現在服用中の医薬品がある方は医師へ相談した上で服用するようにしましょう。

また、医薬品の影響で尿の色が変わる場合も御座います。

温度や湿度が高い、直射日光の当たる場所を避け、できるだけ涼しい場所で保管して下さい。

また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

自身の口コミ・評判・体験談を投稿

※有意義なコメントは掲載させて頂きます※

コメントを残す

*