バルシビル (valcivir)の口コミや評判!体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 薬名:バルシビル (valcivir)
  • 効果:ヘルペスウイルスに有効で抗ウイルスであるバルトレックスのジェネリック
  • 副作用:発疹、腹痛、めまい、頭痛、意識低下など
  • 飲み方:口唇ヘルペス・性器ヘルペスの場合、1日2回500mgを1錠服用。ヘルペス再発抑制の場合、1日1回500mgを1錠服用。

バルシビル (valcivir)を服用した方の口コミや評判や体験談をまとめますので是非参考にして下さい。

バルシビル (valcivir)の口コミ・評判や体験談

口コミ・評判や体験談

バルシビルはヘルペス薬で有名なバルトレックスと同じ成分が使われてるんで安心して飲めます。自分は朝と夜の2回飲んでました。おかげさまでヘルペスは治りました。


唇ヘルペス等の体内殺菌用に購入。 ストレスや過労で体力が落ちると、免疫力も低下し、いろいろ発症しやすくなります。 体の状況で、1錠または半錠ずつ1週間飲んで様子を見てます。 一度医師から処方してもらって、薬局でいろいろ聞いて、それから自己責任で購入してしっかり管理して服用する事をお勧めします。


病院に行ってないからわからないけど、ヘルペス治療の時にバルトレックスを服用するのはよくあるみたいなことをどこかのクリニックのHPで書いてあったので信用して使ってます。


これまで薬を塗るだけで対処していましたが、飲み薬があることを知り使いました!個人的には飲み薬の方が楽でいいです!


自分では知らない間に身体は疲れていて、そんな時は必ずヘルペスにかかってしまいます。下部のため、気分も落ち込みます尿排泄時も神経がビリビリっと痛みを感じる事があります。ヘルペスが治るのは本当に助かります。


僕はヘルペスが再発しやすく、毎回病院へいって治療してもらっていました。効き目はバッチリで満足しています。僕と同じで良くヘルペスが出てしまうという方は使ったほうが良いかもしれませんね。


体質?なのかわからないですがヘルペスが出やすいんです。なので常備薬として使わせてもらってます。副作用は特に感じた事はありません。これならヘルペスが再発してもすぐに治せるので安心です。私にとってはお守り変わりの存在ですね。


ヘルペスを患っています。一生この病気とつき合っていく心構えはできてるのですが、そうは言っても疲れたりとかストレスとかもう本当にちょっとしたことですぐ再発するので困っていました。


私はストレスや極度の疲労から、割りとよく帯状疱疹や口唇ヘルペスにかかってしまう体質で、その都度医師からバルトレックスを処方してもらっていました。体質のせいかもしれませんが性器ヘルペスにもなりやすいのかもしれません。ジェネリックで安いのはうれしいですね。


帯状疱疹になって痒みが酷かったんですが、バルシビルを飲んでからしばらくして痒みがおさまりました。


※上記口コミ・評判は個人の感想や体験をまとめたものです。下記に副作用や注意点も記載しますが、医師の指示に従いましょう。

バルシビル (valcivir)の効果や特徴をもっと細かく

バルシビルは抗ウイルスであるバルトレックスのジェネリック医薬品で主成分であるバラシクロビルは、DNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれています。

主成分バラシクロビルはプロドラッグと呼ばれ、同じヘルペスや帯状疱疹の治療に用いるゾビラックスを改良したお薬です。

バラシクロビルはウイルスの増殖を抑えるだけでなく、皮疹の発現を抑えたり、皮膚の病巣の悪化を抑える効果もあります。

バルシビル (valcivir)の有効成分・含有量

  • 製薬会社:シプラ
  • 有効成分:バラシクロビル
  • 先発薬:バルトレックス
  • 効果:口唇ヘルペス・性器ヘルペス・帯状疱疹・水痘
  • 含有量:500mg/1000mg
  • 価格相場:約4000円~(10錠あたり)

バルシビル (valcivir)の入手方法

・各都道府県の皮膚科、内科、耳鼻咽喉科、口腔外科、泌尿器科、性感染症内科(性病科)のクリニック

各都道府県病院検索サイトを見る

・個人輸入代行通販サイト

ヘルペス治療薬バルシビル (valcivir)の通販サイトを見る

バルシビル (valcivir)の副作用をもっと細かく

主な副作用は発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下などがあげられます。

黄疸や意識障害などが生じた場合はすぐに服用を中止してください。

重大な副作用には、痙攣やてんかん発作、肝炎などがありますが、副作用発現頻度が明確となる調査は実施されていません。

バルシビル (valcivir)の使用禁忌

併用注意薬は、バルシビルと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・プロベネシド

バルシビルの腎臓での排泄が抑えられ、作用が強くなることや副作用が現れやすくなります。

・シメチジン

バルシビルの排泄が抑えられ、バルシビルの作用が強まる可能性があります。

・ミコフェノール酸 モフェチル

併用することで両方の薬の効果が強まることがあります。

・テオフィリン

テオフィリンの血中濃度が上がり、作用が強まることがあります。

特に腎機能が低下している高齢者の方は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

自身の口コミ・評判・体験談を投稿

※有意義なコメントは掲載させて頂きます※

コメントを残す

*